マタニティヨガは安産に繋がるかも!?

妊娠期間は十月十日と一言で言いますが、この期間は気が遠くなるほど長く感じます。初期は辛いつわりに悩まされ、安定期に入っても妊娠前と全く同じように活動的に動けるわけではないからです。特に臨月が近くなると、万一のことを考えて分娩する病院近辺でしか出歩けず、本当に毎日が恐ろしく怠惰に過ぎていってしまいます。

実家での里帰り出産を選んだ私の場合、この傾向は顕著でした。里帰りするまではフルタイムで働いていたからか、「何もしていない」自分を悩ましく感じていました。そこで「何かしてみよう」と一念発起して選んだのが、「マタニティヨガ」です。

マタニティヨガを始めようと思ったのは前述が大きな理由のひとつですが、それ以外にも理由が3点あります。

1点目が、分娩予定の病院で開催されていること。万一のことがあっても迅速に対処してくれると思うと安心感があります。

2点目が、手作業よりも体を動かしたかったこと。妊娠中の過ごし方でよく紹介されているのが、生まれてくる赤ちゃんのための小物作り。雑誌で見る限りはとても魅力的な微笑ましい光景でしたが、何せ妊娠中。大きなお腹を抱えて大変肩が凝っております。腰も調子が宜しくないのです。私の場合、手作業は肩こりや腰痛を悪化させるのは目に見えていました。それなら、それらを解消する方が良いのではないかと考えたからです。

そして3点目が、この怠惰な毎日から一日も早く脱出するために、お腹の赤ちゃんに早く出てきてもらいたかったこと。予定日が間近のマタニティヨガには出産を早めることができる可能性があると聞いたからです。

実際に通って見ると、週2回とはいえ、予定日以外は真っ白だったカレンダーに予定が入ることで気持ちに張りが出てきました。毎日することがないと鬱々と過ごしてしまいがちで、お腹の赤ちゃんにとってもあまり良くないのではないかと思っていたので、この点はとても良かったです。

ヨガのレッスンは、呼吸を意識した心も身体もゆったりさせる内容で、出産する病院のソフロロジー式分娩と通じるものがありました。ヨガなので身体を動かすのですが、レッスン後は不思議と身体が休まる心地の良いものでした。

さて、ヨガを始めた理由のひとつだった「一日も早い出産」ですが、これに関しては予定日から1週間以上遅れたので全く意味がなかったようです。しかし、思いがけず嬉しい誤算がありました。妊婦が一番望んでいること、それは「安産」です。

陣痛が始まってから病院まで車で移動中、ソフロロジー式分娩の呼吸法を意識していました。そして病院に着くと、半時間もかからないうちに可愛い我が子に会うことができました。助産師さん曰く、上手に呼吸して痛みを逃して、そしていざ出産の時はうまくいきめていたようです。初産の妊婦さんは陣痛が始まると冷静さを失いがちですが、私の場合は呼吸法をヨガでしていたからか自然と陣痛時にソフロロジーを実践することができ、結果安産に繋がったのだと信じています。

安定期でマタニティヨガを始める方は少なからずいると思いますが、ぜひ出産まで続けて欲しいと思います。特に陣痛が始まっても冷静さを保ちたい妊婦さん。ヨガで心と身体を休めて、大きな仕事に臨んでください。

妊活を頑張っているときにサプリを利用するのも有効です。

妊活サプリランキング

妊娠5カ月でただれに襲われ妊娠クリームで治りました

妊娠5カ月でお腹がただれてしまいました

妊娠5カ月に入った頃、急にお腹が大きくなり始めました。今まで来ていた服が着られなくなり、妊娠を実感しとても嬉しかったです。しかし喜んだのもつかの間、お腹にただれのような症状が現れ、ものすごいかゆみに襲われました。

とにかく物凄くかゆくて、我慢できずにかきむしってしまうこともしばしばありました。もしかして何かの病気かもしれない、お腹の赤ちゃんは大丈夫だろうかとものすごく心配になり、不安な日々を過ごしました。

妊娠クリームを1日5回以上塗りました

とりあえずかかりつけの産婦人科に急遽受診しました。先生曰く「もしかしたら急激にお腹が大きくなった為、皮が無理に引っ張られたせいで湿疹が出来たのかもしれない、保湿をきちんとして皮を伸びやすい状態にしてあげて」と言われました。一応ステロイドの薬を出してもらったものの、妊娠中という事もあり、薬は使いませんでした。

思い返してみればお腹が大きくなり始めたにも関わらず、妊娠クリームを使っていなかったことに気付きました。その後は1日5回から多い時には7回妊娠クリームをお腹にたっぷり塗りました。

ただれはきれいに治りかゆみも治まりました

妊娠クリームを使い始めて3日目くらいで、徐々に痒みが治まってきました。やっぱり保湿が出来ていなかったのだと確信し、その後のたっぷりとクリームを塗りました。そうしていると1週間くらいで赤くただれていた肌はきれいになり、かゆみも無くなりました。

ただれが治まってからは妊娠クリームをぬるペースを朝とお風呂上がりの2回に減らしたものの、出産時まで塗り続けました。そのお陰かかなりお腹が出ていたのですが、その後はただれることもなく、妊娠線もあまり出来なかったのでよかったです。

妊活をやってみた。その現実は!

妊活は規則正しい生活から

妊活でまず最初にしたことは、生活を改善することでした。いままでは、運動や睡眠、食事などは気にせずに好き放題にやっていたのですが、まずそれらの荒れた生活習慣を治しました。その結果、いままで不順だった生理が、規則正しくなったことが最も大きな経験だったと思います。

妊活では、生理が規則正しくなると、安全日や危険日の予測が正確になりますので、妊娠しやすい日はあらかじめ夫に伝えておき、ふたりで過ごす時間を充分にとることが出来ました。

適度な運動からすべてうまく行きます

妊活で私が最初に取り組んだ具体的なことは、適度な運動です。妊活には、お金をかける分だけやる気が出るだろうと、フィットネスクラブに通うことにしました。そこでは、エアロビクスやジョギングを中心に運動をし、ストレッチもしっかりしました。

すると、夜寝るのが遅い方だったのですが、夜の十二時にはかならず眠くなり、睡眠もきちんととれるようになりました。また食欲もでて、朝、昼、晩と規則正しい食生活ができるようになりました。

一年後には、無事、妊娠しました

妊活を1年ほど継続した結果、無事妊娠したと産婦人科で診断されました。私の場合は、人生設計のなかで30歳未満で子供が欲しかったので妊娠を目的として妊活をスタートしましたが、もう少し早い段階で妊活をしていたらよかったと思いました。妊活は、結局のところ、夫婦共に生活習慣をきちんとして、夫とコミュニケーションをしっかりとるということが大事です。

具体的に、いつ子供がほしいという目標がなくても、結婚したらまずは生活習慣を整えて、妊活について夫婦で話題にするのが良いと思います。

妊活中に不足しがちなタンパク質や鉄分を補う食事法やレシピ選び

妊活を成功させるにあたり、意識したことといえば食事を改善する点です。赤ちゃんを授かるためには健康な体づくりや栄養状態の改善が必要不可欠になってきます。

妊活中の食事対策

妊活を叶えるため、非常に大切な栄養素といえばタンパク質や鉄分が挙げられます。肌や髪など美容にも大切な栄養素であるタンパク質は身体を作るもととなる栄養素ですし、必須アミノ酸は自分の体内では決して合成することが不可能なので、必ず食事を通じて補う必要性があります。

妊活を始める前ならば、忙しい昼には食事を菓子パンで終えてしまったり、パスタなど麺類が結構好きなので単品の麺メニューで一食を終えることもありましたが、妊活するようにしてからは卵や肉や魚など動物性タンパク質をしっかり補うようにしたり、積極的に納豆や大豆や豆腐なども食生活に取り入れるようになりました。

肉や魚の血合い部分は鉄分が豊富ですし、妊活するなら動物性タンパク質も不足させないことが大事です。なるべく肉や魚を毎日食べるようにしたり、鉄が多いとされるひじきやほうれん草などを野菜で摂り入れたりしました。

妊活をするなら冷えを遠ざけたいです

今まではアイスクリームが大好物だったり、自宅やオフィスでは冷たいお茶や冷蔵庫に入っている飲み物を良く飲んでいたのですが、妊活には冷えが大敵だと知ったので、常温のお茶を飲むようにしたり、なるべく体を冷やす冷たすぎるドリンクは避けるようにしました。氷を入れたアイスコーヒーではなくホットコーヒーをオーダーしたり、冷たい飲料ではなく常温の状態のお茶をよく飲みました。

妊活には冷えを避ける必要がありますので、私は体温を高めたり、血行を良くしたいと感じ、生姜紅茶を積極的に飲むようにしていました。

生姜は体を暖める作用が抜群なので、妊活中の方におすすめです。食事改善を続けたり、冷え対策に地道に励んだ結果、無事ハヶ月ほどで元気な男の子を授かれました。

妊娠中の足の浮腫み! 軽減するためにはこんな方法も良いですよ!

子供が出来ると、とても幸せで嬉しいものですが、それに伴って、身体も変化していきますので、悪阻が酷くなる人もいれば、身体を動かすのも大変だと言う人もいるようです。
また、胎児が双子や三つ子の場合には、身体の負担も大きいため、どうしても妊娠生活も辛く感じてしまうものです。
また、妊娠後期になると、身体が浮腫んでしまい、足がパンパンになってしまう人も少なくありません。
そのような場合には、こんな方法を試してみるのもいかがでしょうか?

足を上げて寝る!

妊娠中でお腹が大きい場合には、仰向けに寝るのが辛いと言う人もいますが、妊娠中の浮腫みが激しい場合には、出来るだけ仰向けに寝て、足を上げて寝るほうが良いかと思います。
こうすると、寝ている間に、足に溜まった水分が心臓に流れますので、足の疲れもかなり緩和されます。
けれど、どうしても仰向けが辛い、無理だと言う妊婦さんには、にんにく卵黄を試してみるのも良いですよ。
私も妊娠中に飲んでいましたが、浮腫みの独特の辛さも軽減されますし、身体も疲れにくくなったため、とても良かったです。
ただ、にんにく卵黄でも、妊娠中ですので、飲む前には医師に相談するほうが安心です。

野菜をしっかりと取る!

それに、野菜や果物の中には、浮腫みなどに良いものもあります。
特にバナナなどは、浮腫みの他にも、腹持ちも良く、便秘解消にも効果を発揮してくれます。
そのため、私が妊婦の時には、甘いものが欲しくなったら、出来るだけバナナを食べるようにしました。
また、妊婦が飲める青汁を飲んで野菜不足を補うのも良いかと思います。
こんな方法も浮腫みを軽減しますし、出産後には浮腫みも減少しますので、身体が辛い人にもおすすめです。