妊娠中の足の浮腫み! 軽減するためにはこんな方法も良いですよ!

子供が出来ると、とても幸せで嬉しいものですが、それに伴って、身体も変化していきますので、悪阻が酷くなる人もいれば、身体を動かすのも大変だと言う人もいるようです。
また、胎児が双子や三つ子の場合には、身体の負担も大きいため、どうしても妊娠生活も辛く感じてしまうものです。
また、妊娠後期になると、身体が浮腫んでしまい、足がパンパンになってしまう人も少なくありません。
そのような場合には、こんな方法を試してみるのもいかがでしょうか?

足を上げて寝る!

妊娠中でお腹が大きい場合には、仰向けに寝るのが辛いと言う人もいますが、妊娠中の浮腫みが激しい場合には、出来るだけ仰向けに寝て、足を上げて寝るほうが良いかと思います。
こうすると、寝ている間に、足に溜まった水分が心臓に流れますので、足の疲れもかなり緩和されます。
けれど、どうしても仰向けが辛い、無理だと言う妊婦さんには、にんにく卵黄を試してみるのも良いですよ。
私も妊娠中に飲んでいましたが、浮腫みの独特の辛さも軽減されますし、身体も疲れにくくなったため、とても良かったです。
ただ、にんにく卵黄でも、妊娠中ですので、飲む前には医師に相談するほうが安心です。

野菜をしっかりと取る!

それに、野菜や果物の中には、浮腫みなどに良いものもあります。
特にバナナなどは、浮腫みの他にも、腹持ちも良く、便秘解消にも効果を発揮してくれます。
そのため、私が妊婦の時には、甘いものが欲しくなったら、出来るだけバナナを食べるようにしました。
また、妊婦が飲める青汁を飲んで野菜不足を補うのも良いかと思います。
こんな方法も浮腫みを軽減しますし、出産後には浮腫みも減少しますので、身体が辛い人にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です